ナビゲーションを飛ばして本文へ

よくある質問
  
マチカネくん
背景色を変更

文字サイズ

Q.固定資産税の証明書(評価証明・課税証明や公租公課証明など)の請求方法を教えてください。


回答

【固定資産税の証明書の種類】
固定資産課税台帳に登録されている事項に基づく証明書(固定資産課税台帳記載事項証明書)で、主な種類は次のとおりです。
・評価証明書
 証明書の請求年度の固定資産税の算定基礎になる土地・建物の評価額・納税者住所・氏名などを証明します。
 課税額は証明されません。
・課税(公租・公課)証明書
 評価証明書の事項に加えて、年税相当額を証明します。
・台帳搭載証明書 
 証明書の請求年度の固定資産税台帳に請求されている物件が搭載されていることだけを証明します。
 評価額・課税額は証明されません。

※発行可能な評価証明書、課税(公租・公課)証明書は今年度分を入れて5年度分です。

【証明書を請求できる人】
(1)固定資産税の納税義務者および同居の親族の人
(2)固定資産の共有者
(3)賦課期日(1月1日)以後の新所有者・新共有者(登記事項証明書などで新所有者の資産であることを確認できる場合)
(4)委任状、媒介契約書などにより納税義務者から固定資産税の証明書を取得されていることを依頼されている者

【必要な持ち物】
窓口へ来られた人の本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)
<委任状が必要な場合>
1.所有者あるいは所有者と同一世帯の親族以外の人が請求されるとき。
なお、所有者が死亡されているときは委任状ではなく以下の2つをお持ちください。
・所有者の死亡が確認できる住民票や戸籍など
・所有者と請求者の続柄が確認できる戸籍謄本など
2.法人所有の場合で、代表者印を請求書に押印できないとき。(代表者印を持ち出せないとき)
※委任状の書式は自由ですが、委任者の住所・氏名・押印、受任者の住所・氏名・委任事項を明記し原本の提出をお願いします。

【手数料】
同一名義の場合、土地1筆、家屋1棟 各300円(2筆目2棟目以降 各150円加算)
共有名義の場合、共有者の構成により手数料が変わります。

【発行場所】
(1)市役所の固定資産税課(第一庁舎2階205番窓口)
平日の午前9時から午後5時15分 
(2)庄内・新千里出張所 
平日の午前9時から午後5時15分

【問合せ先】
固定資産税課 課税総括係 06-6858-2447

関連FAQ
関連リンク


<担当課> 財務部 固定資産税課 課税総括係 電話:06-6858-2150



Copyright © Toyonaka City, All rights reserved