ナビゲーションを飛ばして本文へ

よくある質問
  
マチカネくん
背景色を変更

文字サイズ

Q.離婚届の提出方法について教えてください。


回答

【 届出人 】
(1)協議離婚では「夫」と「妻」
※ 届出の窓口には、必ずしも夫と妻の両方来庁されなくても構いません。
(届書に双方の署名および証人欄の記入が必要となります。また、「離婚後の氏・新本籍」などに不備があると受理できないこともあります。)
(2)裁判離婚(調停、審判、和解、認諾、判決)では、調停もしくは審判の「申立人」、または「訴えの提起者」。
※ただし、これらの者が調停の成立または審判・判決の確定の日から10日以内に届出しない場合は、その相手方も届出をすることができます。
(3)外国の方式で離婚した場合は日本人が届出。

※ 使者として家族などが預かり持参することも可能です。 その際は持参した人の本人確認書類の提示が必要です。

【 届出地 】
(1)夫妻の本籍地
(2)夫または妻の住所地(所在地)
※ 上記のいずれか1つで届出

【豊中市内での届出窓口】
市役所市民課、新千里出張所、庄内出張所

【時間外の届出】
戸籍の届書は閉庁時でも守衛室(市役所第一庁舎地下)で受付可能です。(守衛が預かるのみで内容の点検などができないため受理決定はできませんが、重大な不備がない限り、受付日が受理日(効力発生日)となります。)
時間外は、新千里出張所や庄内出張所ではできません。

【 届出期間 】
(1)協議離婚では、届出の期間は決まっていません。届出により効力が発生します。
(2)裁判離婚届出期間・・・裁判確定日から10日以内(裁判確定日を含む)   
※10日目が休日にあたる時は、次の開庁日が最終日です。
※10日を過ぎた場合は、届出義務者から遅延理由を記した「失期届」(用紙は市民課、出張所にあります。)を添付し、必ず提出してもらいます。
(3)外国の方式で離婚した日本人は離婚成立の日から3か月以内。
(3か月過ぎても届け出てください。外国での離婚の場合は、3か月過ぎても失期届は不要)

【 必要なもの 】
<協議離婚の場合>
(1)記入済みの届書1通 (協議離婚では届出人のほか、証人2人の署名押印が必要ですので、届出用紙を事前に入手してください。)
(2)届出人である夫および妻の印(認め印)
(3)提出先が本籍地でない場合は戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)1通
※ 届出地に本籍がある場合は必要ありません。
(4)窓口に来庁される届出人の本人確認書類(運転免許証、パスポート、健康保険証など)。 来庁されない届出人および来庁していても本人確認書類を持参されない場合は、後日、離婚届を受付した通知を住民登録地に送付しています。
※本人確認書類が提示できない場合でも受付可能
(5)豊中市に住所のある人で戸籍の届出の際に氏や名に変更がある場合、マイナンバーの通知カード・マイナンバーカード(個人番号カード)・住民基本台帳カードのいずれかをお持ちの人はご持参ください。また、時間外の届出については別途平日午前9時から午後5時15分に窓口でのお手続きが必要です。

<裁判離婚の場合>
(1)記入済みの届書1通 (申立人または訴えの提起者の署名・押印が必要です。)
(2)届出人の印(認め印)
(3)提出先が本籍地でない場合は戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)1通
※ 届出地に本籍がある場合は必要ありません。
(4)調停→調停調書の謄本
   審判→審判書の謄本と確定証明書
   和解→和解調書の謄本
   認諾→認諾調書の謄本
   判決→判決書の謄本と確定証明書

【注意】
その夫婦の間に未成年の子がいるときは親権者を決めなければなりません。
離婚で子どもの戸籍は動きません。夫の氏で婚姻していた場合、母が親権者となり、子を引取っても子どもは、婚姻中の戸籍に残ります。子どもの戸籍を変更するには、家庭裁判所の許可を受け、市役所での入籍届出が必要です。

【問合せ先】
市民課 戸籍係 06-6858-2203  新千里出張所 06-6872-0573  庄内出張所 06-6334-3531

関連リンク


<担当課> 市民協働部 市民課 戸籍係 電話:06-6858-2203



Copyright © Toyonaka City, All rights reserved