背景色を変更

文字サイズ

Q.大雨や台風の接近に備えてどんな準備をすればよいですか

回答
洪水時には自分の住んでいる地域がどの程度浸水するか、また避難場所はどこか、「浸水ハザードマップ」などで確認してください。
大雨のときには、地下室などは、止水板や土のうを用意するなど、日ごろからの浸水対策が大切です。

【避難の際の注意点】
1.正確な情報収集
最新の気象情報、災害情報、避難情報をテレビやラジオで確認してください。正確な情報収集に努めてください。
テレビでは、NHK放送画面でリモコンの「d」ボタンを押し、「防災・生活情報」を選んで決定ボタンを押していただくと、発表中の警報・注意報や避難情報、河川水位などをご確認していただくことができます。
ラジオでは、NHK大阪放送局 ラジオ第一(AM666kHz)で災害時の最新ニュースを聞くことができます。

2.浸水前の避難を
安全に避難できるよう、浸水が始まらないうちに避難してください。激しい降雨のときには無理をして避難施設に行くのではなく、住居の2階や近くの高い建物の上階に緊急的に避難するようにしてください。歩行可能な水深の目安は大人で約50㎝(ひざの高さ)までです。

3.二人以上で避難
一人で避難せず、周囲の人と声を掛け合って、避難してください。服装は動きやすいもので、靴はひもでしめられる運動靴で、はだしや長靴は厳禁です。

4.足元に注意
水面下にマンホールや側溝があると、足をとられて大変危険です。杖や長い棒で前方の安全を確認しながら歩いてください。

【問い合わせ先】
危機管理課 
電話:06-6858-2683
関連リンク


<担当課> 危機管理課 危機管理係 電話:06-6858-2683


Copyright © Toyonaka City, All rights reserved