背景色を変更

文字サイズ

Q.家庭系指定ごみ袋について教えてください

回答
平成16年(2004年)4月から、ごみの分別をさらに徹底していくため指定ごみ袋制を実施しています。
指定ごみ袋はスーパー、生活協同組合、ホームセンター、酒販店、コンビニエンスストア、薬局などの小売店で、販売されています。
販売価格は、店舗により異なります。
ごみ袋の大きさは、大(45リットル)、中(30リットル)、小(15リットル)、ミニ(10リットル)の4種類あります。
ごみ収集日に、決められた場所に、市の指定ごみ袋に入れて出してください。
市の指定ごみ袋以外は収集できません。

≪指定ごみ袋制の目的≫
●ごみの分別徹底
分別を徹底することにより、焼却処理量や埋立処理量を減らせます。現在利用している埋立処分場も逼迫してるため、徹底したごみの減量をお願いします。
●収集作業の効率化と安全確保
市の規格で製造されたごみ袋を使用することにより品質・性能が統一され、ごみの収集の作業効率と作業の安全が確保されます。
●指定ごみ袋を購入する際に袋代を負担することにより、ごみを減らそうとする意識が一層向上します。

【問い合わせ先】
環境部 家庭ごみ事業課 資源化推進係 
電話:06-6858-2275
関連FAQ
関連リンク


<担当課> 環境部 家庭ごみ事業課 資源化推進係 電話:06-6858-2275


Copyright © Toyonaka City, All rights reserved