背景色を変更

文字サイズ

Q.家庭でのごみの分別方法について教えてください

回答
ごみを出すときは、正しく分けて収集当日の朝8時30分までに決められた場所に出してください。

【可燃ごみ】(週2回)(市指定ごみ袋収集)
台所ごみやプラスチック製品など
※汚れが取れないプラスチック製容器包装も含まれます。

【プラスチック製容器包装】(週1回)(市指定ごみ袋収集)
プラマークがついている容器包装類
※すすいで出してください。
※市指定ごみ袋へ直接入れてください。小袋による二重袋はしないでください。

【不燃ごみ】(4週間に1回)(市指定ごみ袋収集)
調理器具、金属類、せとものなど

【ペットボトル】(4週間に1回)(市指定ごみ袋収集)
PETのマークがついているボトル
※キャップとラベルをはずして、すすいでつぶしてください。
※キャップとラベルは「プラスチック製容器包装」の日に出してください。
※市指定ごみ袋へ直接入れてください。小袋による二重袋はしないでください。

【空き缶・危険ごみ】(2週間に1回)(市指定ごみ袋収集)
アルミ缶・スチール缶・スプレー缶・カセットコンロ用ガスボンベ
※すすいで出してください。
※完全に中身を使い切ってから排出してください。中身が残った状態で、やむなく廃棄する場合は、自分で穴を開けずに収集担当課へ連絡してください。
※市指定ごみ袋へ直接入れてください。小袋による二重袋はしないでください。
空き缶・危険ごみは同じ袋に入れていただいて構いません。

【ガラスビン】(2週間に1回)(専用回収容器回収)
飲料用、食料用、調味料用のビン、化粧品、経口薬のビン、油のビン
※袋回収はしていません。ガラスビン専用回収箱に入れてください。
※いずれも中身は使い切るか、捨ててから出してください。
※回収容器がない場合は、不燃ごみとして出してください。

【紙・布】(2週間に1回)(市指定ごみ袋もしくは新聞販売店配布の袋、紙袋、紐で縛っていただいても構いません)
新聞、雑誌、段ボール、古着など
※汚れのひどいものは可燃ごみで出してください。リサイクルの妨げになります。

【粗大ごみ】(月1回)
粗大ごみ受付センター(電話:0570-666-861)へ申し込んでください。有料となります。
※1回に出せる量は、5点までです。
※計画的に早めの申込をお願いします。
※壊れて袋に入る大きさになった場合は、市指定ごみ袋に入れて可燃ごみまたは不燃ごみとして排出してください。
※購入した粗大ごみ処理券は払い戻しできません。

ご不明な点は、家庭ごみ事業課作業係までお問い合わせください。

【問い合わせ先】
環境部 家庭ごみ事業課 作業係 
電話:06-6843-3512
関連FAQ
関連リンク


<担当課> 環境部 家庭ごみ事業課 作業第1係・作業第2係・作業第3係 電話:06-6843-3512


Copyright © Toyonaka City, All rights reserved