背景色を変更

文字サイズ

Q.市・府民税(個人)の制度や納付方法について教えてください

回答
◆個人市・府民税(個人住民税) は、毎年1月1日(賦課期日)を基準として、次のとおり課税されます。
・市内に住所のある人・・・均等割額・所得割額の合計額
・市内に事務所・事業所・家屋敷を持っている個人で市内に住所のない人・・・・均等割額のみ
個人の市・府民税は前年の所得に対して課税されます。(実務上は住民税として、市民税と併せて府民税も同時に課税されています)

◆税金を納める方法は3つおよびそれらを併用する方法があります。
(1)給与からの特別徴収(給与所得者の人)
給与からの特別徴収とは、年税額を6月から翌年5月までの12回に月割し、毎月の給与から差し引いて納める方法です。
(2)普通徴収(自営業などの人)
普通徴収とは、年税額を6月、8月、10月、12月の4回の納期に分けて、納税者が直接市役所、各出張所または金融機関・郵便局(近畿2府4県以外の郵便局の場合は税務管理課までご連絡ください。)・コンビニエンスストアで納める方法です。また、金融機関の口座から振替納付することもできます。(手続など詳細については、税務管理課までご連絡ください。)
<納期限 普通徴収>
1期 6月30日
2期 8月31日
3期 10月31日
4期 12月28日
※納期限の末日が土曜日、休日など閉庁日にあたる場合は翌開庁日が期限となります。
(3)公的年金からの特別徴収(公的年金受給者の人)
公的年金からの特別徴収とは、公的年金に対する税額を年6回支給される公的年金から差し引いて納める方法です。(毎年、4月1日現在65歳以上で、介護保険の特別徴収対象者であることなど一定の条件があります。)

【問い合わせ先】
財務部 市民税課 普通徴収係 電話:06-6858-2131
財務部 税務管理課 管理係 電話:06-6858-2170
Copyright © Toyonaka City, All rights reserved