背景色を変更

文字サイズ

Q.市・府民税の申告について教えてください

回答
1月1日現在、市内に住所があり、前年中に一定の所得があった人は、市・府民税(住民税)の申告をする必要があります。 ただし、給与や年金などの支払先から市役所に給与支払報告書や年金等支払報告書が提出されている人、税務署で確定申告をされた人は市・府民税の申告は不要です。 また、国民健康保険加入者や所得証明書が必要な人は、収入がない場合も申告をしてください。

【申告場所】
市役所第一庁舎2階201番 市民税課窓口
(庄内・新千里出張所では、市・府民税の申告受付は行っておりません。)

【申告に必要なもの】
1.所得関係の書類
・給与所得の人は、前年の源泉徴収票または給与明細書
・その他の所得の人は、所得や経費を証明できる書類など
2.所得控除関係の書類
・社会保険料、生命保険・地震保険などの控除証明書
・医療費の明細書
※領収書の添付又は提示は必要ありません。ただし、明細書の内容確認のため提出を求める場合がありますので、領収書は申告期限から5年間保管してください。
※医療保険者から交付された医療費通知の添付によって、明細書の記入を省略することができます。
・寄附金の領収書など(原本)
3.印鑑(認印)
4.マイナンバー(個人番号)がわかるもの(通知カード、マイナンバーカード(個人番号カード))
5.本人確認ができるもの
例:マイナンバーカード、顔写真付きの官公署などが発行した書類(運転免許証、パスポート、障害者手帳など)

※代理人が手続きする場合は本人の委任状、代理人の本人確認ができるもの(運転免許証、健康保険証など)、代理人の印鑑(認印可)が必要になります。ただし、代理人が本人と同居の親族の場合は委任状は必要ありません。

【問い合わせ先】
財務部 市民税課 普通徴収係
電話:06-6858-2131
Copyright © Toyonaka City, All rights reserved