背景色を変更

文字サイズ

Q.子宮頚がんのワクチン接種について教えてください

回答
【対象者】
小学6年生から高校1年生相当の女子および積極的勧奨差し控えにより定期接種の機会を逃した女性(平成9年4月2日から平成18年4月1日生まれで、3回接種を終えていない女性)

【接種回数と接種間隔】
6カ月間で3回接種(ガーダシルとサーバリックスのどちらか一方のワクチンを使用します。3回とも同じワクチンで接種してください。どちらかのワクチンで3回接種が完了した後、新たにもう一方を市の事業として接種することはできません。)

<サーバリックス(2価)の場合>
2回目は1回目から1カ月以上、3回目は1回目から5カ月以上(標準的には6カ月以上)かつ2回目から2カ月半以上の間隔をおく。
<ガーダシル(4価)の場合>
2回目は1回目から1カ月以上、3回目は2回目から3カ月以上(かつ標準的には1回目から6カ月以上)の間隔をおく。

【接種方法】
かかりつけ医にご相談のうえ、豊中市の定期予防接種取扱医療機関(予防接種手帳および市ホームページに掲載)で接種してください。ただし、特別な事情により、豊中市以外で接種する場合は事前に保健予防課(保健所庁舎内)までお問い合わせください。
予診票がない人は、保健予防課、千里・庄内の各保健センター・取扱医療機関にあります。

【問い合わせ先】
保健所 保健予防課 事業推進係 
豊中市中桜塚4-11-1
電話:06-6152-7329


<担当課> 健康医療部 保健予防課 事業推進係(予防接種担当) 電話:06-6152-7329


Copyright © Toyonaka City, All rights reserved