背景色を変更

文字サイズ

Q.子どもの予防接種について教えてください

回答
予防接種には、定期接種と任意接種の2種類があります。

●定期接種
法律に基づき、定められた年齢(対象年齢)の人に対して行政が勧めるもの。対象年齢外の人が受ける場合は、任意接種となります。

●任意接種(おたふくかぜ、インフルエンザなど)
被接種者と医師との相談によって判断し行われるもの。有料となります。

【定期予防接種の種類と対象年齢、接種回数】
(1)ロタウイルス感染症
出生6週0日以降の子ども(生後2カ月からが望ましい。1回目は出生14週6日までに接種を推奨)
・ロタリックス(1価)の場合は2回。1回目と2回目は27日以上の間隔をおく(2回目は出生24週0日まで)
・ロタテック(5価)の場合は3回。1回目と2回目、2回目と3回目はそれぞれ27日以上の間隔をおく(3回目は出生32週0日まで)※
※どちらか一方のワクチンを続けて接種

(2)B型肝炎(※)
1歳になるまでに3回(2カ月から9カ月未満が望ましい)
2回目(1回目から27日以上の間隔をおく)3回目(1回目から139日以上の間隔をおく)
※母子感染予防事業としてB型肝炎ワクチン(保険適用)で接種した人は、3回とも定期接種の対象外です。

(3)Hib(ヒブ)
生後2カ月から5歳未満の子どもで、接種開始年齢により回数が異なります。(望ましい接種年齢はは生後2カ月から7カ月未満に初回3回。初回終了後7カ月から13カ月未満に追加1回接種)

(4)小児用肺炎球菌
生後2カ月から5歳未満の子どもで、接種開始年齢により回数が異なります。(望ましい接種年齢は生後2カ月から7カ月未満に初回3回。初回終了後60日以上の間隔をおいて、生後12カ月から15カ月未満に追加1回接種)

(5)BCG・・・生後1歳になるまでに1回接種。(標準的には生後5カ月から8カ月で接種)

(6)四種混合(不活化ポリオ、百日せき、ジフテリア、破傷風)
生後3カ月から7歳6カ月になるまでの子ども。初回接種として20日以上、標準的には56日までの間隔をおいて3回接種。3回目終了後6カ月以上(12カ月から18カ月の間隔をおくことが望ましい)の間隔をおいて、追加接種として1回接種。

(7)二種混合(ジフテリア、破傷風)
第2期・・・11歳から13歳になるまでの子どもで、1回接種。

(8)麻しん風しん混合(MR)
第1期・・・生後12カ月から24カ月になるまでの子どもで、1回接種。
第2期・・・5歳以上7歳未満で、小学校就学前1年間の子どもで、1回接種。

(9)日本脳炎・・・生後6カ月から7歳6カ月になるまでの子ども
第1期・・・初回接種として6日以上、標準的には28日までの間隔で2回接種(望ましい接種年齢は3歳)。2回目終了後6カ月以上、標準的にはおおむね1年の間隔をおいて、追加接種として1回接種(望ましい接種年齢は4歳)。
第2期・・・9歳から13歳になるまでの子どもで、1回接種(望ましい接種年齢は9歳)。
※経過措置として、①平成7年4月2日から平成19年4月1日生まれの人は20歳になるまで定期接種可能②平成19年4月2日から平成21年10月1日生まれの人は9歳から13歳になるまでに第1期不足分を接種可能(関連FAQ参照)

(10)単独不活化ポリオ
生後3カ月から7歳6カ月になるまでの子ども。初回接種として、20日以上、標準的には56日までの間隔をおいて3回接種。3回目終了後6カ月以上(12カ月から18カ月の間隔をおくことが望ましい)の間隔をおいて、追加接種として1回接種。
四種混合で開始した人は接種不要。不活化ポリオ4回終了していない人は要相談。

(11)ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん)予防
小学校6年生から高校1年生相当の女子で3回および平成9年4月2日から平成18年4月1日生まれで3回接種を終えていない女性
・サーバリックス(2価)の場合は2回目は1回目から1カ月以上、3回目は1回目から5カ月以上(標準的には6カ月以上)かつ2回目から2カ月半以上の間隔をおく
・ガーダシル(4価)の場合は2回目は1回目から1カ月以上、3回目は2回目から3カ月以上(かつ標準的には1回目から6カ月以上)の間隔をおく
※どちらか一方のワクチンを続けて接種

【問い合わせ先】
保健所 保健予防課 事業推進係 
豊中市中桜塚4-11-1
電話:06-6152-7329


<担当課> 健康医療部 保健予防課 事業推進係(予防接種担当) 電話:06-6152-7329


Copyright © Toyonaka City, All rights reserved