背景色を変更

文字サイズ

Q.日本脳炎の予防接種の経過措置について教えてください

回答
平成17年5月から平成22年3月までの積極的勧奨の差し控えにより、接種が終了していない人への特例措置
①平成7年4月2日から平成19年4月1日生まれで日本脳炎の計4回の接種を終えていない人は20歳になるまで定期接種ができます。(基準日、平成23年5月20日時点での接種回数により接種方法が違います。)
②平成19年4月2日から平成21年10月1日生まれで日本脳炎第1期の接種(3回)の接種を受ける機会を逃した人は、不足分を第2期の対象年齢時に定期接種として接種できます。(基準日 平成22年3月31日以前の接種回数により接種方法が変わります)

【接種回数と接種間隔】
(1)基準日時点で4回接種が残っている人(過去に全く接種を受けていない人)
第1期・・・初回接種として6日以上、標準的には28日までの間隔をあけて2回接種。2回目終了後6カ月以上、標準的にはおおむね1年の間隔をあけて、追加接種として1回接種。
第2期・・・9歳以上で追加接種終了後6日以上の間隔をあけて1回接種。

(2)基準日時点で3回接種が残っている人(第1期初回1回目のみ接種済)
第1期・・・初回接種として残り1回接種。初回接種終了後6日以上の間隔をあけて、追加接種として1回接種。
第2期・・・9歳以上で追加接種終了後6日以上の間隔をあけて1回接種。

(3)基準日時点で2回接種が残っている人(第1期初回2回目まで接種済)
第1期・・・追加接種として1回接種。
第2期・・・9歳以上で追加接種終了後6日以上の間隔をあけて1回接種。

(4)基準日時点で1回接種が残っている人(第1期追加まで接種済)
第2期・・・9歳以上で第1期終了後6日以上の間隔をあけて1回接種。

【問い合わせ先】
保健所 保健予防課 事業推進係 
豊中市中桜塚4-11-1
電話:06-6152-7329
関連FAQ
関連リンク


<担当課> 健康医療部 保健予防課 事業推進係(予防接種担当) 電話:06-6152-7329


Copyright © Toyonaka City, All rights reserved