背景色を変更

文字サイズ

Q.豊中市で実施しているがん検診や健康診査について教えてください

回答
医療機関で実施する個別検診と、保健センターなどで実施する集団検診があります。
事前に予約が必要な検診(健診)もあります。豊中市で行っているがん検診・健康診査は以下のとおり。

(1)市民健康診査(満30歳から39歳で職場健診の機会のない人、障害者手帳を持つ満15歳以上の人、40歳以上の生活保護受給者)
(2)大腸がん検診(満40歳以上) 
(3)肺がん検診 (満40歳以上)
(4)前立腺がん検診(満50歳以上男性)
(5)胃がん検診(満50歳以上)※1
(6)子宮がん検診(満20歳以上女性)※1
(7)乳がん検診(満30歳以上女性)※1
(8)骨密度測定(満18歳以上女性)
(9)歯科健康診査(満30歳から74歳、満75歳以上の生活保護受給者)
(10)肝炎ウイルス検査(満20歳以上)
(11)豊中市特定健康診査(特定健診)(40歳から74歳で豊中市国民健康保険の加入者)
(12)後期高齢者医療健康診査(満75歳以上)
※1 胃がん検診・子宮がん・乳がん検診については、西暦で奇数年生まれもしくは西暦で偶数年生まれで平成30年4月以降受診していない人

〔①予約の取得〕
集団健診については予約が必要です。
健診受付専用ダイヤル:0570-00-2291(平日、午前9時から午後5時15分)
個別健診の予約については、取扱い医療機関へ直接お問い合わせください。

〔②受診券・受診票の発行〕
「受診券(特定健康診査あるいは後期高齢者医療健康診査を受診する場合のみ)」および「生活習慣病健診受診票(オレンジ線のハガキ)」が必要です。
特定健康診査受診券、生活習慣病健診受診表がお手元にない人は健康政策課健康戦略係(電話:06-6858-2291)までお問い合わせください。
後期高齢者医療健康診査受診券の再発行については、保険給付課(06-6858-2295)へお問い合わせください。
集団健診の受診を希望の場合は、健診受付専用ダイヤルにて予約受付時に併せてお申し込みください(①予約の取得優先)。

〔③一部負担金不要証明書の発行〕
市民税非課税世帯や生活保護受給者、中国残留邦人等支援給付対象の人には申請により、一部負担金が無料になる制度があります。手続きに2週間程度かかりますので、あらかじめ健康政策課健康戦略係(電話:06-6858-2291)までお問い合わせください。

【問い合わせ先】
保健所 健康政策課 健康戦略係 
豊中市中桜塚4-11-1 
電話:06-6858-2291


<担当課> 健康医療部 健康政策課 健康戦略係 電話:06-6858-2879


Copyright © Toyonaka City, All rights reserved