背景色を変更

文字サイズ

Q.国民健康保険の出産育児一時金制度について教えてください

回答
<出産育児一時金制度>
国民健康保険に加入している人が出産したときまたは妊娠85日以上の出産で、死産、流産のとき(医師の証明書が必要です。)に支給されます。
ただし、他の健康保険からこれに相当する給付が受けられる場合を除きます。
※出産日の翌日から起算して2年以内に申請がない場合は、時効で請求できる権利が消滅します。

【支給金額】
出産児1人につき42万円です。
(産科医療保障制度に加入していない医療機関での出産、22週未満での出産、海外での出産は40万4千円)

【手続方法】
<直接支払制度を利用する場合>
出産育児一時金を出産費用の支払に充てる制度です。出産する医療機関で所定の手続きをしてください。

<直接支払制度を利用しない場合> 
出産後に、以下のものを持参のうえ、出産育児一時金の申請をしてください。

【申請に必要なもの】   
(1)母子健康手帳  
(2)出産した人の保険証  
(3)国民健康保険世帯主の印鑑(スタンプ印不可)
(4)医療機関などで発行される「直接支払制度」を利用しない旨の書類(合意文書)
(5)出産費用の領収明細書
(6)国民健康保険世帯主の振込口座のわかるもの
※死産の場合は、死胎(埋)火葬許可書または医師による死産証明書(写し)が必要です。

【受付場所】
保険給付課・新千里出張所・庄内出張所

【郵送でのお手続き】
郵送でのお手続きも可能です。国民健康保険出産育児一時金支給申請書(豊中市役所のホームページからダウンロードできます。申請書を郵送でお送りすることもできます)に記入・押印のうえ、母子健康手帳のコピー・直接支払制度を利用しない旨の合意文書のコピー、出産費用の領収明細書のコピーを添付してお申し込みください。

郵送先:561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 保険給付課

【問い合わせ先】
健康医療部保険給付課 
電話:06-6858-2295
Copyright © Toyonaka City, All rights reserved