背景色を変更

文字サイズ

Q.入院時など医療費の支払いが高額になる場合の手続きを教えてください【国民健康保険】

回答
入院または外来で、同じ診療月に同じ医療機関で支払う医療費が高額になる場合、事前に限度額適用(・標準負担額減額)認定証の交付を受け、医療機関の窓口で提示すれば、窓口負担が1医療機関ごとに高額療養費自己負担限度額までの支払いとなります。市民税非課税世帯の人は、あわせて食事代も減額されます。

・市民税非課税世帯の人→「限度額適用・標準負担額減額認定証」
・市民税課税世帯の人→「限度額適用認定証」

限度額適用(・標準負担額減額)認定証の交付の対象になるかどうかはお問い合わせください。

※注意1.70歳以上74歳までの市民税課税世帯の一部の人は、高齢受給者証の提示により自己負担限度額までの支払いとなるので、限度額適用認定証の交付を受ける必要はありません。
※注意2.自己負担限度額については、関連リンクアドレスを参照してください。

【申請に必要なもの】
(1)被保険者証
(2)国民健康保険世帯主の印鑑(認印)

【受付場所】
保険給付課・新千里出張所・庄内出張所

【郵送でのお手続き】
郵送でのお手続きも可能です。国民健康保険限度額適用(・標準負担額減額)認定申請書(市ホームページからダウンロードできます。申請書を郵送でお送りすることもできます)に記入・押印のうえ、お申し込みください。                            

郵送先:561-8501 豊中市中桜塚3-1-1 保険給付課 

【問い合わせ先】
健康医療部保険給付課 
電話:06-6858-2295
Copyright © Toyonaka City, All rights reserved