背景色を変更

文字サイズ

Q.特定疾病療養受療証の手続きについて教えてください【国民健康保険】

回答
厚生労働省が指定する特定疾病の場合、毎月の自己負担額は10,000円までとなります。 ただし、人工透析を実施している慢性腎不全の70歳未満の上位所得者については1カ月20,000円となります。
適用を受けるには、申請により「特定疾病療養受療証」の交付が必要となります。

<厚生労働省が指定する特定疾病>
・先天性血液凝固因子障害の一部
・人工透析が必要な慢性腎不全
・血液凝固因子製剤の投与に起因するHIV感染症

【申請に必要なもの】
(1)療養を受ける人の被保険者証
(2)疾病の確認できるもの
(医師の意見書または国民健康保険の被保険者となる前に使用されていた「特定疾病療養受療証」)
(3)国民健康保険世帯主の印鑑
※医師の意見書の様式は保険給付課にあります(豊中市役所のホームページからもダウンロードできます)。

【受付場所】
保険給付課・新千里出張所・庄内出張所

【郵送でのお手続き】
郵送でのお手続きも可能です。国民健康保険特定疾病認定申請書(豊中市役所のホームページからダウンロードできます。申請書を郵送でお送りすることもできます)に記入・押印の上、・医師の意見書または国保の被保険者となる前に使用していた「特定疾病療養受療証」コピーを添付の上お申し込みください。

郵送先:561-8501 豊中市中桜塚3-1-1 保険給付課

【問い合わせ先】
健康医療部保険給付課 
電話:06-6858-2295


<担当課> 健康医療部 保険給付課 給付係 電話:06-6858-2295


Copyright © Toyonaka City, All rights reserved