背景色を変更

文字サイズ

Q.高齢受給者証について教えてください【国民健康保険】

回答
国民健康保険に加入している70歳から74歳の人には高齢受給者証が交付されます。高齢受給者証は、70歳の誕生月(ただし1日生まれの人はその前月)に対象の人に郵送しますが、使用できるのは70歳の誕生月の翌月(ただし1日生まれの人はその月)以降からです。
医療を受ける場合は、下記のいずれかの自己負担割合になります。被保険者証とともに高齢受給者証も医療機関に提示してください。
・2割
・3割(現役並み所得者)

自己負担割合は前年中(1月から12月)の所得および収入で判定します。
現役並み所得(地方税法上の各種所得控除後の所得(住民税課税所得)が145万円以上)がある人については、高齢者世代と現役世代の負担割合の公平化・透明化を図るため、3割負担となります。

なお、自己負担割合は、毎年8月1日に、当該年度の住民税課税所得により8月1日から翌年7月31日までの間を判定します。
現役並み所得者として3割負担と判定された場合でも、下記のいずれかの要件に該当するときは、保険資格課に申請(基準収入額適用申請)することで、1割負担に変更することができます。

【要件】
・同一世帯に70歳以上の国民健康保険加入者が1人の場合
被保険者本人の収入額が383万円未満のとき
・同一世帯に70歳以上の国民健康保険加入者が2人以上いる場合
この人たち全員の収入の合計額が520万円未満のとき
・70歳以上の国民健康保険加入者が1人で、同一世帯に属する後期高齢者医療の加入者も含めた年間収入の合計額が520万円未満のとき

※収入額とは所得税法に規定された各種所得の金額(退職所得を除く)の計算上収入金額とすべき金額および総収入金額に算入すべき金額の合計額で、必要経費を差し引く前の金額のことをいいます。
必要経費など控除後に所得がゼロ円以下になる場合も、控除前の額を収入金額として合算します。

【問い合わせ先】 
健康医療部 保険資格課 保険加入係
電話:06-6858-2301


<担当課> 健康医療部 保険資格課 保険加入係 電話:06-6858-2301


Copyright © Toyonaka City, All rights reserved