背景色を変更

文字サイズ

Q.高校野球発祥の地記念公園(高校野球メモリアルパーク)について教えてください

回答
全国高等学校野球選手権大会の前身の全国中等学校優勝野球大会の第1回は、現在の玉井町3丁目にあった豊中グラウンドで行われました。同グラウンドは、大正2年(1913年)に、現在の阪急電鉄株式会社が鉄道利用者の増加を目的として開設したもので、第2回大会までは同地で開催されていました。
市では、この歴史的な場所を継承するため、昭和63年(1988年)8月に、第70回全国高等学校野球選手権大会を記念して、日本高等学校野球連盟、朝日新聞社、豊中市の3者で、グラウンド跡地北側に「高校野球記念公園」を整備し、平成30年(2018年)に第100回全国高等学校野球選手権記念大会を迎えることから、平成29年(2017年)に、日本高等学校野球連盟、朝日新聞社、地域住民の協力をいただき、「高校野球発祥の地記念公園」としてリニューアルオープンしました。
東エリアには、第1回大会からの歴代優勝校・準優勝校の名前が入ったプレートなどを設置しており、高校野球の歴史と歩みを振り返ることができます。西エリアには、グラウンドの門柱を再現したメインエントランスのほか、第1回大会の始球式のレリーフやレンガウォール、バットの原材料であるアオダモの木の植栽帯などを設置しています。

【所在】
玉井町2丁目、3丁目

【面積】
445㎡(再整備前の約4倍)

【主な施設】
豊中グラウンドを彷彿させる赤レンガ塀と門柱
豊中グラウンドの平面図を複写した陶板
豊中グラウンドの歴史等を知ることができる解説板やレリーフ
バットの原材料であるアオダモの木の植栽帯
夏の高校野球大会の歴代優勝校・準優勝校の名前が入ったプレートを設置したウォール(壁)

【問い合わせ先】
公園みどり推進課 企画調整係 
豊中市北桜塚1-3-1 豊中市公園管理事務所(大門公園内)
電話:06-6843-4121


<担当課> 環境部 公園みどり推進課 企画調整係 電話:06-6843-4121


Copyright © Toyonaka City, All rights reserved