背景色を変更

文字サイズ

Q.大阪府営業時間短縮協力金(府制度)について教えてください【新型コロナ経済対策】

回答
 新型コロナウイルス感染症の再拡大防止に向けて、令和3年1月14日から2月7日の25日間、営業時間短縮要請に全面的にご協力いただける飲食店等に対し、新たに協力金を支給します。

【対象者】
営業時間短縮要請を受けた飲食店などを有する、次の(1)から(5)の全てを満たす事業者
(1)大阪府域に飲食店・遊興施設(食品衛生法上の飲食店営業許可を受けている店舗)を有すること
(2)午後8時から翌日午前5時までの夜間時間帯に営業を行っていた店舗において、午前5時から午後8時までの間に営業時間を短縮するとともに、酒類の提供は午前11時から午後7時までとすること
(3)令和3年1月14日から2月7日の25日間、営業時間短縮要請を遵守していること
※ただし、準備期間が必要であるため、1月18日から要請を遵守している場合も対象
(4)令和3年2月7日までに感染防止宣言ステッカーを導入していること
※感染防止宣言ステッカーを導入していない場合期間は休業していることが必要
(5)営業に関する必要な許認可などを取得していること

【支給額】
○令和3年1月14日から2月7日まで要請を遵守している場合
・1店舗あたり、150万円(6万円×25日)
○令和3年1月18日から2月7日まで要請を遵守している場合
・1店舗あたり、126万円(6万円×21日)
(要請遵守の開始日が令和3年1月15日から1月17日までの間も含みます。)

【申請手続】
令和3年2月8日から3月22日まで
申請方法の詳細については、大阪府ホームページにて公表中です。
①オンライン申請(専用ホームページあり)
②オンライン申請が困難な場合は、郵送
※申請書類は、第一庁舎および第二庁舎の受付、産業振興課窓口に配架

【問い合わせ先】
大阪府営業時間短縮協力金に関するコールセンター
電話番号:06-6210-9525
時間:午前9時から午後7時まで(日曜および祝日を除く。)
Copyright © Toyonaka City, All rights reserved